理事長からのご挨拶

新生「大阪教育文化振興財団」
誕生にあたって

このたび、一般財団法人大阪市教育振興公社は、一般財団法人 大阪教育文化振興財団と名称を改めさせていただきました。昭和51年7月に、大阪市の学校教育の振興を図ることを目的に「財団法人 大阪市学校教育振興公社」として誕生し、さらに生涯学習の振興を図るため、平成元年2月に「財団法人 大阪市教育振興公社」と法人名称を変更したところでありましたが、平成28年9月に、活動場所・事業内容等のさらなる発展を目指し、現名称を改めることとした次第です。

今後も引き続き、財団の設立目的である児童・青少年の健全育成、生涯学習等市民学習の振興及び教育施設等の環境整備に関する事業を行い、地域社会の健全な発展を支えるとともに人材育成に寄与してまいります。また、「文化」「学び」「はぐくみ」などの分野で皆様が、それぞれ望まれるであろういわゆる「希望の木」を育てる活動を、今まで培ってきた知識・経験・ノウハウ・人材を活かしながら、全力でお手伝いしてまいります。

一層皆様のご期待に沿うよう職員一同全力を挙げて業務に努める所存でございますので、ご支援を賜りますようお願い申しあげます。

理事長 森 啓

財団の理念

私たちの仕事は、「ひと」を、「まち」を育てることです。
それは、地域に根ざし、未来へと枝を伸ばす“大きな木”を育てるようなもの。
「文化」「学び」「はぐくみ」から生まれた小さな芽を丹念に育てあげ、
市民の憩いの場となる“大きな木”へと育てていきます。
さぁ、私たちと一緒に、この“大きな木”を育てていきませんか?

私たちは、こうした“大きな木”を育てるプロフェッショナル集団です。
「施設運営」「プログラム開発」、さらに「プロモーション」分野でコンサルティングを行い、
「ひとづくり・まちづくり」を進めていきます。
その結果、「笑顔」、「生きがい」、「つながり」、「賑わい」、
そして「豊かな心」の“実”を大きく、大きく実らせていきたいと願っています。


TO TOP